有田観光
有田の窯を巡る観光コースです。
所要時間:4時間30分 料金
  1. 佐賀駅
  2. 有田町歴史民俗資料館
  3. 今右衛門窯
  4. 磁州窯
  5. 源右衛門窯
  6. 有田焼御団地
  7. 柿右衛門窯
  8. 九州陶磁文化会館
  9. 佐賀駅
特定大型 49,000円
大型 46,000円
中型 39,500円
小型 30,900円


有田町歴史民俗資料館

磁器の原料を産出した泉山の近くにある歴史民族資料館です。
有田皿山の民俗、歴史を紹介しています。
陶磁器に関する古文書や陶磁器生産の道具、陶片なども展示されています。
屋外には登り窯の模型や唐臼があり、焼き物の歴史を学べます。

柿右衛門窯

日本で初めて赤絵磁器を完成させた柿右衛門窯。
赤絵の技法は父祖伝来の技法であり、現在14代目となる歴史ある窯です。
従来の花鳥文に、最近山野の草花が新しいモチーフに加わっていますが、「柿右衛門様式」はやはり有田の顔となっています。

佐賀県立九州陶磁文化館

陶磁器に関し、歴史的、美術的、産業的な観点から資料を収集、展示し、陶芸文化の発展の為、調査研究、普及に当たる県の施設です。
豊富な常設展示の他展覧会も多く、見応えのある焼物博物館となっています。

有田焼卸団地

有田焼を販売する商社25社が軒を並べる、有田の縮図といえる焼き物百貨店です。
町の中にも有田焼の店は多いのですが、ここは駐車場も完備され、広々とした中でゆっくり各窯元の買い物が楽むことができます。

今右衛門窯

御用赤絵屋として、江戸時代の藩窯品、色鍋島の絵付け、焼成もすべて行った窯元です。
一子相伝の秘法である赤絵の調合、技術は国の重要無形文化財保護団体の認定を受けており、現在は14代目がその卓越した技術で素晴らしい作品を生みだしています。

中央タクシー 佐賀市兵庫北1丁目1-12  TEL:0952-24-2222  MAIL:chuoutaxi@ia3.itkeeper.ne.jp